2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08






スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

けんか 

s-DSCF3110_edited.jpg
シャル、しょんぼりしてます。

s-DSCF3111_edited.jpg
泣いてます。

なぜなら、私にこっぴどく怒られたからですさとと-汗

アクアとおもちゃの取り合いの口げんかは日常茶飯事なのですが、
今回はお互いがムキになりすぎ、シャルがアクアにかみつきました号泣

私が途中で下手に手をだしたのがいけないのだと思います。。。
いつもはシャルをだっこするのですが、シャルをかばってるように見えるのか
アクアがやきもちを焼いたように怒るんです。

今回はアクアをだっこしてやめさせました。
そしたらシャルがすっぽんのようにアクアの顔に食いついて・・・

なかなか二人を引き離すことができませんでした・↓

s-DSCF3114.jpg


血はでてないのですが、目のまわりをかっぷりとかかまれたのですが
まぶたの上が腫れてきて・・・・・



心配だったので病院に連れて行ったら、目に傷はないから大丈夫と。
レメディーを2種類もらったのですが目薬は必要ないと思う。
3日たってもめやにがでてたら、また来てくださいといわれました。

思いっきり目の上下を咥えたのに、ほんとに大丈夫なのかと、何度も先生に眼球をみてもらいました。
おそらく、まぶたの上とほっぺをひっぱるように噛んだんだろうとのこと。

不幸中の幸いでした。

s-DSCF3124_edited.jpg

シャルも反省はしている様子。

s-DSCF3126_edited.jpg

今までテーブルの下にもぐることなんてしたことないのに、でてきません。

s-DSCF3115.jpg

いつもだったら、私がアクアをなでたりしてると、ぼくもぼくもとやってくるシャルなのに、
今回、私が頻繁にアクアの目の具合を確認してても、遠くからこっちをのぞいたり
じーっとみたりしてました。


腫れは徐々にひいたのですが、次の日、その次の日と目やにがでましたが
先生のおっしゃった3日目にはすっきり治りました。

アクアとシャルは3ケ月しか違わない男の子同士。
シャルもアクアをライバルと宣言しているだけあって、なかなか服従しません。

ちょこちょこモメごとは起こしますが、寄り添って励ましあったりもしているし、
おおごとにはならいのですが、
今回は私の手の出し方がいけなかったのだと思います・・・

アクアの目やにとったりしてると、シャルがのぞきこんできますが
アクアも痛がるから、シャルにやつあたりするかもしれないし、
向こういってなさい、というと、離れたところでお座りしてこちらを見てます。
お座り=いい子にしてます、なので、切なくなります。

二人ともごめんね・・・



アクアとケンカした?どっかにぶつけた? 

10/7
まだ北海道旅行記が途中なのですが・・・

昨日の夜、シャルの目がなんだかやけにしょぼしょぼしてることに気づきました。
あれれれ・・・
目のまわりをふいてあげると、やけに粘り気のある目やにが・・・

通常シャルは、目の手前側にしかあまり目やにがでません。
目全体を覆うような目やに・・・

よーく見ると目が赤くなってる。腫れてる・・・
コットンで拭いてあげるとちょっと痛がります。

痒がる様子はないから、どっかぶつけちゃったのかなー。
アクアとケンカしたのかしら・・・

翌朝、やっぱりまだ腫れてます。
昨日ほどじゃないけど、やっぱり目やにが・・・
200810072038002.jpg

病院で診察をうけると、眼球に傷はないとのこと。
下まぶたのふちにちょっと切れてるような傷があるので
感染をふせいで炎症を抑えるための目薬とレメディをもらって帰ってきました。

触らなければ痛がる様子もなく、めっちゃ元気でご機嫌なのですが
痛々しくて、かわいそうです。。。
早くよくなってね。

200810072039000.jpg

そういえば、アクアも今年のはじめに目が腫れたことあります。
シャルの手がぶつかって、ぷくっと。。。
雪がつもっていた日だったので、いつもの病院はちょっと大変で
近所につれていったらなんと休診。
翌日には腫れもひいて、目やにも止まっていたので、結局そのままだったのですが・・・
こうやって今写真で見比べると、今回のシャルのほうがひどくみえます・・・
毛色でそう感じるのかな・・・

200802062259000.jpg

今日は病院に行く途中に通り雨に降られてしまいました。
ちょうど歩道橋の下についたところだったので、雨宿りしてみたのですが
病院も診療時間があと30分きっていたので、雨に濡れて目に入っても、、、と心配しつつも、
小ぶりになったのを見計らい、雨の中、歩かせました。
二人とも生まれて初めて雨の中歩いたのですが・・・
アクアは時々、体をぶるぶるさせつつも、急いで歩いて抜け切ろうとしてる様子。
シャルはちょっとー、なにこれ・・・といった感じで、何度も何度も
不安げな、嫌そうな顔で振り返りながら歩いてました。


ちなみにアクアはこんなものを顔から身体中に・・・
200810071958000.jpg
この季節はちょっと草むらにはいると、大量についちゃうんですよね((+_+))

----------------------------------------------------------------

本日の診療代

診察料 1500円
目薬   1800円
レメディ  900円(150円*6)
______________

合計  4200円

アクアの入院④ 

7/14 夕方
 先生か電話がありました。
 時間別にレントゲンをとってみてくださってるのですが
 固まりがうまく腸に流れないと。

 一日入院することになりました。
 
 
7/15 
 昼過ぎに電話
 やはりうまく流れていないとのこと。
 出てこなければ開腹か内視鏡でとりだしたほうがいいのかもしれないといわれ
 内視鏡だと他の病院になってしまうのと、布のようなものだと途中でちぎれてうまく取り出せない
 可能性もあるとのことでした。
  
 オキシドールで吐かせる方法はどうなのかなど相談したのですが
 いずれにしてもこの間のような緊急性はなく、まだ抜糸もしていない体だし
 無理はさせずに今週は様子をみてから決断しましょうということになりました。 

 夕方むかえにいき、アクアをだっこしながら、一番初めの手術前の写真、
 低血糖で倒れたときの写真、夜間病院でとった写真
 バリウム検査での時間別の写真をみながら、説明をききました。
 
 飲み込んでるものがなにかわからないのだけれど、
 術前は胃がからっぽだったので、そのあとになにかを飲み込んだみたいです。
 
 微熱は昨日の夕方には下がっていたそうで、今朝は食事もとったそうです。
 
 固まりが少し小さくなってるのと、少しずつ腸に流れている感じがみうけられ
 もしも吐いたり、ゲリしたりしたときには、異物がつまった可能性があるのでそのときは
 すぐに連れてきてくださいと、まずは家で様子をみようということになりました。

 昨日の様子とはぜんぜん違って元気にしています。

 夕方うんちと一緒にバリウムがでてきましたが、なにもまざっていませんでした。

 食事も普通にとるし、元気だし・・・
 様子をみるにしても、あまり心配しないほうがいいのだろうと自分にいいきかせ
 うんちがでるたびに、すりつぶして中を確認。

 7/16
 うんちと一緒に少しずつ少しずつ毛がまざってでてくるようになりました。
 やっぱり飲み込んだものは毛玉なのかな。
 でもどうやったらそんなに大量の毛を・・・と思ったのですが
 退院後、やたらとアクアの毛が抜けます。

 プードルなので抜け落ちるというわけではないのですが
 ブラッシングすると大量にとれるのです。

 入院のストレスなのだろうか。
 身体を舐めて少しずつ身体にはいってしまったのだろうか。

 なんとなく、アクアの興奮がおさまってない感じがします。

 シャルにも執拗にマウントすることから、
 家にかえってきたばかりでまだ気持ちが落ち着かないのかもしれない。
 この間の熱は知恵熱だったのかな。そんなことを考えながら、うんちを確認する日々。
 
 食欲も元気もあるのでそれだけが救いです。

 7/17
 小指くらいの毛玉がうんちと一緒にでてきました。
 
 7/19
 抜糸。
 今週の経緯を説明。
 レントゲンをとってみました。
 びみょーに気になる小さな影はありますが、きっと毛なんだろうと思われました。

 毛は少しずつでてきてるんだし、無理に吐かせないほうがいいだろう、
 今は入院のストレスを少しでも早く解消してあげよう。
 せっかくの週末だし、たっぷり遊ぼう。
 そう思いながら帰ってきました。

 最後に確認できた異物も全部でたとは言い切れないし、
 そのあとにも毛を飲み込んでる可能性もあるのですが、抜糸後にトリミングで
 きれいにしてもらってからは抜け毛は治まりました。

 トリミングでも、身体の毛をちぎった形跡もないし、異常な抜け毛もないといわれたので
 一時的なことだったのかもしれません。

 タイミング的に退院直後だったので、いろんなことを考えてしまいましたが
 少しずつ日常が戻ってきて、アクアもいつもとかわらない落ち着きを(落ち着きがある犬かと
 いわれると難しいのですが)取り戻してきて、今はもうすっかり元気です。
 うんちにも毛はまざらなくなりました。
 
 現在わがやでは、布製のおもちゃや、ぬいぐるみは禁止。
 ほんとはゴムのものより好きなのようなので、私が見ているときだけ時々与えてます。
 ちぎろうとしたら即座に他のおもちゃと取替えてます。

 毛玉に関しては、また時期をみてレントゲンをとってみようかと思ってます。

 今回、病院にいくタイミングが遅かったのではないかと思いましたが
 最初のレントゲンでは腸の形も微妙にあやしいといった段階での試験開腹。
 はっきりとレントゲンになにかがうつっていたわけではなかったので、
 先生の経験と勘と技術だけが頼りでした。
 アクアをすくってくれた先生に感謝してもしたりません。

 また私と同じような気持ちで心配してくれ、はげましてくれ、お参りまでいってくれた父
 同じように気にかけてくれた母、友人知人の気持ちがとてもありがたかったです。

 最後にがんばってくれたアクアに感謝して、この記事は終わりにします。

 長々と読んでくださってありがとうございました。

アクアの入院③ 

7/12
 朝、ぼんやり目を覚ますと、アクアがすでに起きてシャルと遊んでます。
 まだ目があかない私は気配を感じるだけ。
 帰って来たんだなぁ。元気になったんだ。と幸せがこみ上げてきて
 「アクア・・・」と小さな声でよんでみました。
 すると、一瞬のうちで私の枕元にとんできてくれました。

 朝ごはんもしっかり食べて、今日は一日ゆっくりしようね、と、
 一日家ですごしました。

 お昼すぎから寝てばかりいるアクア。
 普段からお留守番犬のアクシャルなので、昼はよく寝ます。

 それでも私がうごくとついてきちゃうので、あまり動かないようにしてすごしました。

 夜19時ごろ、アクアが急になにかを吐きました。
 なんだろう、胃液にまじったものをみると、毛玉です。
 親指くらいの大きさでした。
 一度あらって、よくよく確認すると、どうやら自分の毛のようです。
 
 なんでこんな大量の毛を・・・
 思い当たることがぜんぜんない。
 身体の毛をちぎった形跡もないし・・・
 そこから、なんだか元気がなくなり、ぐったりしてきました。
 
 日曜日なので病院は午後休診。
 
 どうしよう。
 
 お水は飲むけど、ご飯は食べず。
 
 だんだん身体が熱くなってきたので、熱がでたようです。

 夜間病院は21時から。
 21時になって、すぐに予約をいれて、連れて行きました。

 診察してもらうと、熱は微熱だけど血液検査ででた白血球の数値がかなり高い。
 レントゲンをみると、胃に異物が確認できました。
 手術後だから白血球の数値が高い可能性はないわけではない。
 でも、昨日の午前中の血液検査では正常値に戻っていたし・・・

 なにかまた飲み込んだのではないか、毛玉がまだ残っているのかもしれないけど
 他のものの可能性もある。
 応急処置として保水と解熱剤をうってもらって、カルテをもらい、病院をあとにしました。

 そんなに遅い時間ではないのに、外はとても静かでとても遅い時間に感じました。

 とにかく明日朝、病院に行こう。動かさずに安静にさせていたのだけど
 明け方5時ごろからアクアの息が粗くなってきました。

 朝一で病院へ。
 体温をはかると微熱がありました。
 吐いた毛玉、レントゲンにうつっているものがなんなのかわからず先生もうなってます。
 
 バリウムでだせないかを試みることになり、
 様子をみるにも、昨日の夜から食事をとってないこと、低血糖になったことを考慮して
 とりあえず夕方まで預かってもらうことに。
 また一人でとぼとぼと帰りました。

 せっかく元気になって帰ってきたのに、たった1日で・・・
 飲み込んでいるものも毛玉なのかなんなのか
 私の気づかない間にまた誤飲してしまったのだろうか
 いろんなことがうずまきました。



 

アクアの入院② 

 22時ころ、先生から電話があり、
 レントゲンをみるとガスがたまっていて、このくらいは予想される量なのだけれど
 腹膜炎をおこしてるのかもしれない。
 これからまた試験開腹したほうがいいと言われ、お願いしますとだけ言い、
 電話を切りました。
 
 そこから30分後にまた電話が。
 手が振るえました。
 まさかと思いながらも、電話にでると、先生から術前の血液検査で
 低血糖だったと。
 心の底からほっとしました。
 ブドウ糖をあたえて、今はもう大丈夫、明日は元気に会えますよ、といってくださいました。

 7/10
 翌日昼過ぎに電話
 朝ご飯も食べて、うんちはまだでていないとのことでしたが、
 元気にしているそうです。
 夕方面会にいき、昨日の経過を説明しながらすぐ奥の部屋に通してくれました。

 もう元気だとおっしゃっていただいているのに、昨日の夜のアクアが頭から離れず
 一刻も早く会いたかった。
 
 扉があくと、ケージの中のアクアが私にすぐ気づき、立ち上がり、しっぽを振ってくれ
 先生と看護士さんと私とアクア、ここで初めて笑いました。
入院入院2



 ペッタりとくっつくアクアを抱っこしながら、先生のお話を聞くと
 このケースの手術で低血糖になることはまずなく、先生もまっさきに腹膜炎をうたがい、
 昨日はそうとう焦ったとおっしゃってました。
 まさか低血糖だったとはね、と笑い話ができることがとてもうれしかったです。
 食事とってなかったものね。。。
 
 もう閉院時間だったのですが、ギリギリで診察が入り、先生がいなくなってしまったので
 ゆっくりアクアとお話して、ちょっと歩かせてみたり。
 看板犬はるちゃんのおトイレを借りたりちょこちょこ動き回ります(*^_^*)
 はるちゃんのご飯を食べようとまで^_^;
 
 看護士さんも、やっぱり飼い主さんだとぜんぜんちがいますねー、のびのびしてます、と
 おっしゃってました。

 うんちがでるまでは、がまん。
 なかなかでないけど、入院2日前からご飯食べてないんだから仕方ない・・
 あとちょっとがんばろうね、と昨日とはまったく違って、前向きな気持ちで病院をあとにしました。


 7/11
 昼過ぎに電話。毎日かかってくるよ・・・と先生思ってるカモ。
 簡単に様子を聞いて、夕方の面会をお願いする。
 うんちはまだでてないけど、ご飯は食べてるみたいです。
 週末には退院できるかもしれない、とおっしゃってくださいました。
 夕方面会にいくと、軟便だけど、うんちはでたそうで
 明日また検査するけど、明日には退院できると思いますので、電話しますね、
 とのことでした。
 アクア、あとちょっとがんばろうね。
 今日は、診察もなかったので、あまり長居もできず、帰りました。

 7/12
 お昼ごろに病院から電話。
 まだちょっと軟便だけど入院のストレスもあるだろうから
 おうちで様子みてください、と夕方には退院できると連絡がきました。

 シャルと一緒に夕方病院へ。
 シャルは病院への道がわかるようで、ぐいぐいと私をひっぱっていきます。
 先に診察が入っていたので、順番待ちです。
 シャルが待合室のフレンチブルちゃんと遊びたがってはしゃいでました。
 
 気づくと、看護士さんが、アクアをケージから出してくれて、
 受付の向こう側でだっこされてます。
 じーっと私をみてました。
 吠えもせず・・・ここでシャルなら感極まって、叫ぶんだろうなぁ。
 看護士さんも「吠えもしないわね(^^)」とアクアの人見知りを笑ってました。

 先生に呼ばれて診察室に入ると、アクアが奥からかけってきました。
 喜んで寄っていくシャルを無視して一直線で私の足元に。
 アクアのトレードマークのしっぽがこきざみに振れてます。

 看護士さんに、シャルよりやっぱり、ママなのねー。と笑われてました。
 
 来週抜糸にきてください、ということで、再発にはくれぐれも注意するようにしましょう。
 歩いて帰って大丈夫ですとのことでしたので、アクアとシャルとゆっくりおうちに帰りました。
 

 アクア!おかえり!
 がんばったね、ありがとね。

先生が心配されてた軟便も家に帰ってすぐしたうんちだけで、
 夜からは普通のうんちに戻りました(^^)

 
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。