2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャルの奇行~熱中症~ 

先週のお話です。
(自身の記録もかねているのでとても長いです)


8/9
ちょっと寄り道をして帰ったのでアクアたちのご飯はいつもよりもちょっと遅めの20時半頃。
いつもとかわりなく食欲旺盛、ペロっとたいらげてくれたのですが、
1時間くらいたった21時半頃にシャルが急に落ち着きをなくし、
部屋の床の臭いを嗅ぎながら、ペロペロ舐め、部屋中をうろうろしはじめました。


息が荒くて、興奮している感じ。

呼び戻すと走ってきてお膝に飛び乗るんだけど、すぐにまた走っていなくなり
あちこちの床をなめまくります。

どうしたんだろう。。。。


そんな広い部屋じゃないんだけど、ほんとうにあっちこっち、部屋の隅々までウロウロ
クンクン、ペロペロ。

なにかにとりつかれたかのように延々と続きます。


気を紛らわせようとちょっと噛みごたえのあるおやつをあげたら
バクバク食べて、またすぐ徘徊・・・・

どうしちゃったの・・・?
この日はとても暑く、東京の気温は35度を超えました。
暑さでおかしくなっちゃったのかしら・・・
なんでこんなに息が荒いんだろう。
暑そうな感じではないのだけど・・・
極端に暑いと外からの臭いなども気になるようになるみたいなんだけど、
外からなにか気になる臭いがするのかな・・・?


この行動は1時間以上続きました。
22時半頃に今度は寝室のマットをむしってちぎり始め、口に入れようとします。
びっくりしてマットは全部取り除きましたが、
相変わらず落ち着きなくウロウロ。

普段、ベッドの下には入れないように猫よけを敷いてるのですが、マットを取り除いた時に
それをどかしたら、すかさず入りこんで、床をペロペロ。


ベッドの下はアクアの憩いの場所で一人もぐって寝たりしますが
シャルは逃げ込む時以外は自ら入ることはありません。
それなのに、ベッドしたの引き出しの隙間をたどるように舐めたり、
今度は上を見上げてベッドの裏側の板を舐めたり・・・

少し落ち着きを取り戻したように感じたのが23時前。
私のそばまで戻ってきて、今度は自分の足などを舐めて毛づくろいしてました。
そして、変な汗というか、なにか体からでてたのか、背中がやけに油っぽくなってました。
犬には汗腺がないので、脚の裏以外に汗をかくことができません。
このベタベタは、皮脂的なものでしょうか・・・?

今までにないこの異常な行動にとても不安を感じましたが、
息が荒いのは戻り、なんとか落ち着いてくれたので、23時半頃に寝ることにしました。

0-130812.jpg


そうするとまたベッドの下に潜り込んで徘徊し、さっきあげたおやつと、埃のまじったゲーをしました。
ゲーにはご飯はまざってなくて、ほんの少し。

でもそこからは落ち着いてくれて、シャル自信もつかれてたのか、翌朝までぐっすり
寝てくれたようです。

翌朝、ご飯もペロっと食べて元気。
ちょっと疲れが残っているような感じはしましたが、いつものシャルです。
今日は14時からトリミング。
大丈夫かなーと午前中様子をみてましたが、特に不信な行動をすることもなかったので
しっかり暑さ対策をして出動。

1-130812.jpg


サロンに預けてからIGのコメントを見たのですが、minaさんがココットちゃん熱中症になったときの
様子を教えてくれて、
シャルと同じように床やクッションをなめて、埃のまざった胃液を吐いたのだそうです。

ええーーーどうしよう。シャルも熱中症だったの・・・?
トリミング中止にしたほうがいいかな。。。。
いつも通りサロンでも元気いっぱい大喜びだったけど・・・
それに今日も異常に暑い。。。(この日37度です)
もし熱中症になりかけてたなら、カットしてもらって涼しくした方がいいよね・・・
でも体力使うし。。。。と悩んだのですが、
サロンではまず体温を測ってくれます。
昨日の症状が熱中症だとして、まだ調子がおかしかったら体温が高くて連絡くれるだろう、
と待機することにしました。

トリミング中も特に変わったことはなく、お迎えにいくといつものように私との再会を喜び、
すぐさまトリミングルームに戻って、他の子の見学したり、トリマーさんの邪魔したり。
いつものシャルでした。

2-130812.jpg


ほっ・・・・

この日はトリマーさんもキャンセルが続出するのでは?という異常な暑さ。
曇ってはいるものの、ちょっと外にでるだけで、だらだらと汗が流れます。
帰りは歩かせずに抱っこして帰ろうと思っていたのですが、
夕方とはいえ、アクアも歩かせるわけにいかないほどの暑さだったので
二人ともお店からキャリーに入れて帰りました。

サロンの扉に入るのに、1段の階段と扉が大変で、毎回カートだとお店の人の手を借りるハメになり
申し訳ないので手軽に行けるキャリーを購入し、キャリー用のひえひえボードや
アイスノンなども用意はしてましたが、この日ばかりはカートで行けばよかったです。
キャリーは地面に近いもんね・・・

いろいろ思い返してみると、昨日のシャルの行動に納得がいくことがたくさん。


同じ日にお友達の子も夏バテで具合が悪く、吐く場所を探しているのか
うろうろと床の臭いをかいでいた、と聞きました。

そしてココットちゃんの行動。

やっぱりシャルも気持ちが悪かったんだ・・・・

具合が悪いからって、動かずにじっとしているとも限らない。
お腹痛い時も、ソワソワ、うろうろしたりするものね。
気持ち悪いからこそじっとしてられなくて、吐くきっかけをさがしてずっとうろうろしてたのだと思います。

そういえば、先週末に私も軽く熱中症になったのですが、
その時気持ち悪くて、お水を飲んでは吐いて、お水を飲んでは吐いてを
繰り返しました。
気持ち悪いから逆にじっとしてられなくて、一人暴れてました。
うんうん唸ったり、気持ち悪い気持ち悪いを独り言のように連発したり(爆)

とにかく横になっても横になりつづけることができずにのたうちまわり、
何度もお水を飲んで吐いてをくりかえしていたら、気持ち悪かった根源みたいな胃液が
吐き出せてそこからはすっきり眠れました。

ちなみにここまでたどりつく間、トイレで寝たりしてたのですが
アクアがずっと付き添っててくれました。
こういうときシャルは一人寝室でしょんぼりしてます・・・笑

話はもどって、奇行を繰り返していたシャルの行動はあの時の私と全く同じだったのです。

熱中症ってぐったりするイメージだったのですが、
まるでヒートの子がいるかのように、落ち着きがなかったシャルの行動も納得がいきました。

いつもゲーするときは、「ぐぉっぐぉっ」と胃の底からつきあげるような音を出すのですが
この時は「ひょっくひょっく」といった、しゃっくりのような、軽い感じの音でした。
これも初めてのことだったのですが、吐いたのはほんの少し。
夜ご飯までは吐きださなかったので、おそらく胸のあたりのむかむかしてたのかな?
何かを口にしてゲーしたかったのだと。
それでマットをちぎって食べようとしたんだね。
ベッドの下に入れたことでまとまった埃を口にできて、むかむかを一緒に吐きだせたのだと
思います。

そして、吐きたかったのはやっぱり熱中症になりかけてたんだろうな、と推察されます。

この日はお散歩も行ってないし、日中エアコンのきいたお部屋で留守番してるので、
私の発想が、熱中症に結び付かなかったのですが、
熱中症って家の中でもなるってテレビでもさんざん言われてますものね。

エアコンのきいてる部屋で一日過ごしていたシャルがどうして熱中症になりかけたのか。

おそらく私のエアコンの設定温度がいけなかったのだと思います。
いつも28度設定ででかけてますが、この日の外の気温から考えると
28度では高すぎたのだと。
それと、今年の始めまで、停電時の対策に、扇風機をつけていたのですが、
扇風機は老朽や、長時間使用によって発火の危険性があることを知り、
留守中の使用をやめました。

また熱中症は夜、寝ている間におこりやすいと聞きます。

アクアとシャルは私が仕事に行っている日中を部屋で寝て過ごします。

手作りとまではいきませんが、日ごろから水分多めの食事をあげているので、
アクアもシャルも喉があまりかわかないようで、普段あまりお水を飲みません。

猛暑でエアコンのききの悪い部屋で、寝てたことで、水分も不足してしまったのかも。

トリミング直前だったことも理由のひとつだったと思います。
ただでさえ毛皮を着ているわんこ。
前回のカットからだいぶ経っているので身体にも熱がこもりやすかったのかも。

思い返すといろいろなことがあてはまりました。

特に今年の暑さは異常です。
毎日天気予報をみて、27度を超える日は朝からエアコンをつけたままでかけますが、
30度の日と、35度、それ以上の日、エアコンの設定が同じでいいわけがなかった。

奇行にはちゃんと原因があったのです。
すぐに気づいてあげられなくてかわいそうなことをしてしまいましたが、
ひどくならなくてよかった。

人間も歳とともに暑さに鈍感になるといいますが
アクアもシャルも今年で7歳。
犬も身体に少しずつ変化があります。

毎年同じように過ごすにはもっと気をつけてあげなくちゃいけないことがあると痛感しました。


至らないことがたくさんあるのに、文句も言わず(シャル言ってるか 笑)
私を信頼してひたむきな愛情を注いでくれる大切な子たち。
犬の純粋さには泣かされることが多々あります。

ねぼけ顔のシャル
3-130812.jpg


今回は気づくのが遅くなってしまったけど、いろいろ謎がとけてよかった。
具合が悪いからって、しんどそうにぐったりしてるとは限らない。
落ち着きなく動き回っていることが元気とは限らない。

食欲があっても具合が悪いことがある。
吐きたいときに、何か口に入れたいこともあるよね。

シャルの必死な行動、ちゃんと生かさなきゃ。
気づかせてくれたお友達にも感謝です。
スポンサーサイト

ママにもチクン?~狂犬病予防~ 

5/18 朝

ようやくミニトマトを植えました。
1-130628.jpg
アクアとシャルの「・・・」同じ無言でも、
アクアはぼーっとなにも考えてない感じ、シャルはいいたいことがありそうね。


実はまだ朝ご飯を食べてないんだよね~。
狂犬病の注射と一緒にアクアの健康診断をしようかと思って。

ご飯も食べさせてもらえないのにトマトとポーズなんかとらされて、と不機嫌マックスのシャルちゃん。
2-130628.jpg

でもトマトはシャルのために植えたんだよ~。


で、この後さっさとでかけたらよかったのに、なんか疲れちゃってぼーっとしてたら
午前中の診療時間終わっちゃったんだよね(^_^;)

さすがに夕方までなにも食べさせないのはかわいそうだしとようやくご飯をもらった2ワン。

だったら最初からくれって感じだね。ごめんよ~・・・

さてさて夕方からの診療。
アクアの健康診断はまたにして今日は狂犬病だけにしましょう~。

いつも通る散歩道にこんなお花?が咲いていました。
3-130628.jpg
なんだろこれ?初めてみた。
でっかいねこじゃらし的な・・・真っ青のな空に真っ赤なふわふわがまっすぐ伸びてて
とってもいい感じ~(*^_^*)

病院に行く途中にバジルの種を買おうと思ってお花屋さんに寄ったのですが
バジルは買わずにうっかりバラの鉢植えを買ってしまいました。

7-130628.jpg

実は今年に入ってからバラを育ててる我が家。
一応大苗を買ったんだけど、株を育てようと、春のつぼみは摘んじゃったんだよね。
のえるや、ご近所のお庭は花盛りで、そちらを満喫させてもらってたんだけど
やはりちょっとさみしかったんだわね。

大苗で1000円。激安!
つぼみもたくさんついてるし、ってことで衝動買いしちゃったよ。

帰りに買えばいいのにね・・・・

さてさて病院ですが、午後の診療の早めの時間についたので、待ち時間はすぐでした。

毎年ママが補ていしてるんですけど、今年は院長先生の他に先生がいらしたので
ママはのんきに写真撮影。

たいていはアクアからなんだけどなんとなく今年はシャルから。
毎年のことながら診察台に乗るまでは元気いっぱいなんだけどね~・・・

まんまるのお目目がますますまんまるになって、緊張してます。
肩に力入りまくってる感じ~。
4-130628.jpg
すっごい私を見てます(笑)

おととしだったかな?無事注射終わった後にシャルが叫び出したことがあったんだけど
狂犬病予防のワクチンはしみるらしいから、あとからそんなこともあるらしい。
でも今年は大丈夫だったね~。

おりこうさんでした。

先生がおやつをくれたんだけど、シャルってこういうときは食べられないんだよね(^_^;)

診察台を降りたらすぐさままた元気を取り戻したのだけど、他のことに気がいっちゃうから結局食べない。
イベントでのおやつの試食なんかでも結構食べないことがあります。

さてアックン

アクアも肩に力入ってるね~。
あー君はそもそも人が苦手だからね・・・
シャルとは対照的にうつむいたまま、緊張してます。
5-0-130628.jpg



がんばれ~。

チクン★
6-130628.jpg

アックンもおりこうさんでした(*^_^*)

先生がくれたおやつ、もちろんアクアは食べましたよ~。シャルの分まで(笑)

誰でも大好きなシャルに対して、慣れてない人は苦手なアクア。
注射の受け方からして、シャルのほうが元気におやつ食べそうなのに
こういうところは実は真逆。

怒られてもすぐに立ち直るのはシャルのほうなのに、怒られることがめっちゃ苦手なのもシャル。
アクアは結構根にもつタイプのわりには、怒られてもひょうひょうとしてたりするのです。
ダメってわかってることもやっちゃうしね~。

意外なところも正反対。

ほんとにおもしろい二人だね。

お土産にさっきのご褒美のおやつをもらったよ。
10-130628.jpg

アクアとシャルと1袋ずつ。
よかったね~。シャルおうちに帰ってからまたあげるね。


さ、帰りましょう~。
ってさっきのバラ・・・結構立派で攻撃的な棘がたくさんで、
歩いてるうちにどんどん袋が破れてきちゃって最終的にはかかえるはめに

そしたら今度はママに棘がささるじゃないか。

ひ~(@_@;)

何度も何度も抱え直してはチクチク。
ママへの注射が一番痛かったかも?な1日となりました。


あーくんのマラセチア 

2/10~12

週末にアックンのお耳掃除をしてました。
アクアはシャルに比べてお耳が汚れやすくって、耳あかもネチョネチョタイプ。
(シャルはカスカスタイプです)

何年か前に病院で診てもらったことはあったのだけど、特に異常はなかったのですが
今回はなんだか耳あかがごっそりと・・・

中に押し込まないようにすくい上げてきれいに拭いたのだけど
ちょっと気になるなあーーーって思っていたら、
翌日にはお耳が真っ赤になっちゃって。

0-20130214.jpg

あらららら~(@_@;)

中をよーくよーくみると、ぐちょっとしてる部分がある。。

祝日でかかりつけの病院はお休みだったので今日は様子をみるしかない。
とりあえず、通気をよくするためにクリップで留めて耳をあげてみました。

お耳自体は、特別にかゆがったりする様子はないのですが、
うまく留めないと「いやいや~」ってはずしちゃうので、場所がなかなか難しく、
何度か留め直して、気にならないポイントが見つかったのですが、


なんか・・・
2-20130214.jpg
モルモットみたいです。

お昼寝中のアックン。
3--20130214.jpg
私のおひざやお布団の中では丸まってねるアックンですが、ベッドの上で、
こんなふうにまんまるにまるまるのは珍しいなぁー。

なんだかプードルに見えません。
モルモットを超えて
4-1-20130214.jpg
こんな植物、熱帯雨林に生えてそう。

4-20130214.jpg

アクアも痛くて元気がでないのか?私がだらだらしてるからなのか、
この日は結構よく寝てくれたので、お耳クリップ時間もたくさんとれて翌朝・・・

5-20130214.jpg
赤みはだいぶひきました。でもなんでもない左耳とくらべるとやっぱりうっすら赤くって
中をのぞくとねっちょりしてたところが炎症を起こしてるように見えました。

そしてアクアも気になるようで、何度も頭を振るのです。

ダッシュで帰ってきて病院に向かったのですが、途中歩きながらも何度も頭を振るのでかわいそう。。。

今日のお留守番は、落ち着いて寝てられなかったかもしれないなあ・・・

なんて思いながら病院にうかがったのですが、検査の結果、マラセチアによる炎症だということが
わかりました。
早くに連れて行ってあげることができたので、球菌はまだ少なくて、
1週間くらいで治るだろうということでした。

22日にトリミングを控えていることを伝えたら、キャンセルしなくてもそれまでに治ると思います、って。
よかった。
間にグルーミング入れてるものの今は2ケ月おきのカットだけに
これを延期したら、ボサボサになっちゃうし、伸び放題は皮膚にもよくなさそうだものね。
こういうこと考えるとやっぱり毎月カットしてあげてるほうがいいのかなあ・・・
なにかあったときに、トリミングの間をあかせることできるものね。。。

そしてアックンのお耳はやっぱり汚れやすいので、今みたいにお耳の横をふわっとさせるために
お耳の裏側にたくさん毛を残すカットは合わないのかもしれない。
もっとこまめにお掃除すれば回避できるのか、今後様子をみなくては。

病院でのアクアは、遊んでもらいたくて、先生や看護師さんに愛想をふりまくシャルと違って、
震えたりはしないんだけどとっても緊張しちゃって、診察台から降りると、イスの下にすぐ隠れちゃいます。

診察後のアックン。
6-20130214.jpg


診察終わってほっとした表情。
でもやはり頭は頻繁に振ります(*_*)

もう帰るというのに、診察室に向かってきちんとお座りする2ワン。なんだ~?
7-20130214.jpg
帰りはご近所の身代わり不動にお参りして、銭洗い弁天でお札を洗ってきました。

先生に頭振るのどのくらいで治まるか聞いたら、そんなに長引かないと思いますよーってことだったのですが、
おうちに帰ってきた頃には激減。
お耳を直接足でかいたりもしないし快適に過ごせてるようにみえました。
ほっ。

翌朝。もう全然頭振らないし、寝起きとともにおもちゃで遊ぶし、で
つらそうな様子はないです。
8-20130214.jpg


よかったー。お薬を毎日1回さして、1週間後にまた診せに行くのだけど、
それまでお耳の掃除はしちゃいけないそうで、
なんだか汚れが気になるのですが、ガマンガマンです。

ところで・・・
アクアが頻繁に頭を振っていたのにつられたのか、病院ではなんでもないシャルまでもが
頭をぶんぶん振ってました。
なんでもない、とはいえ、気にしていたら、アクアが振らなくなったのと同じころに
シャルもおさまりました。
なんだったんだろ?つられてたの?マネしてたの?

20130215.jpg



病院でいただいた通信
9-20130214.jpg
2月、3月だけで19歳のわんこちゃんが2頭もいました。
ご近所さんだと思うのでお散歩とかで会えたらいいなー。

もちろんわがやも20歳めざしてます(^^)


(診察費)
診察料   1,500
耳垢検査  2,500
薬     2,000
------------------
      6,000
50%保険負担\3,000-

ユリーマリーと歯医者さん 

9/23

ユリーマリー家と一緒に駒沢の病院に歯石とりに行ってきました。


ほんとは夏になるまえに行かなくちゃいけなかったのだけど、暑過ぎて行けず。。。
9月下旬になってもちっとも涼しくならなくていったいどうなってるの??と思ってたところで
ようやく涼しくなった週末です。

っていうか急に寒くなりすぎなんですけど!

ここ数日夜になると大雨が降るんだけど、今朝は朝から一日中雨。
病院は駅から結構歩くので、ママがおうちまで迎えにきてくれて大助かりです。

20日ぶりに再会したユリマリたちは、さすがにおびえることはないものの
今度はどこに連れて行かれるんだと緊張している模様。
車酔いしやすいマリーは、ドライビングボックスを買ってもらってからはもどすことが
なかったらしいのだけど、今日はゲーゲーしちゃったんだって。
こういうときのマリーって勘がいいんだよね。

4ワンコ一緒となるとお預かりになるかも、、とのことだったのですが
雨のせいか病院がいつになくすいていて、すぐに診察してもらえました。

トップバッターはシャル。
待機中のブラック組です。

DSC09504.jpg
うひひ。足元でちょっとうす暗くってもブラック3ワンが余裕で写るなんて、
改めて単焦点レンズに感激☆


もこもこで一回り大きく見えるマリーはアクアと変わらないくらいの大きさに見えます。
DSC09507.jpg


初めて歯石をとってもらったときは、暴れて、途中休憩までしたシャル。
欠けて血管の見えてる歯がしみるのだろうってことだったのだけど
銀歯を入れてからはとってもおりこうにできるようになって、5分で終了でします。
きっと普通に生活してる中でも歯が痛かったことあったんだろうなあ・・・

処置後のシャル
DSC09515.jpg

なーんてね。
猫背でなで肩のシャルなので下向くとかなり落ち込んでるように見えます。

今回もがんばりました。
ちと放心。
DSC09517000.jpg
この夏ユリマリにかまけすぎてアクアたちの歯磨きをちとおさぼりしてた私。
もちょっと歯磨きもがんばりましょう、って言われてしまいました。反省。
そして、ピッカピカにしてもらいましたよ。
銀歯もキラリーン。


2番バッターのアクア。
DSC09527.jpg
アックンってこういうこと結構平気なんだよね。処置直後でも余裕の笑顔です。

歯もピッカピカ。
DSC09536.jpg
優良児のシャルに比べるとちょと歯周病気味のアックン。
そして左の歯をよく使うのか、左側に歯石がつきやすく歯ぐきがさがってきてるので
がんばらなくては。

でもアクアもシャルも一度麻酔をかけて全部の歯をチェックしてもらって
歯石も丁寧にとってもらいコーティングもしてもらったので
汚れはつきづらいようです。


ユリーマリーは除菌のお水で口臭はかなり軽減されましたが、
無麻酔の治療しかしてないのと、体質的にも歯が汚れやすい子たちなので
結構真っ黒。
DSC09522.jpg

今回もできる範囲できれいにしてもらいました。
DSC09528.jpg

マリほどじゃないけどやっぱり全体的に汚れてしまってるユリー
DSC09524.jpg

ユリーの治療後の写真撮るの忘れちゃった^_^;
なので、マリーの治療中にスタンバイするユリーと足元でお座してるアクシャルを。
DSC_1045000.jpg
ユリー、ムスタッシュが伸びてきてこれもまたかわいいじゃないですか。
気になってて涙焼けも、もうサプリはあげてないんだけど、除菌のお水は続けてもらってるので
まずまずキープできてるみたいです。

ユリーって顔見てるだでなごむんだよねー。
やせ気味だったユリーですが、ちょっとだけ重くなって、いい感じにますますかわいくなりました。

ほんとはカフェでお茶したりとか、駒沢公園散歩したりしたかったのだけど、今日は雨だったからねー
またゆっくり遊ぼうね。

シャルのケガ 5/12~完治まで 

5/12

大阪への移動の日
シャルはケガしてからはもちろん外を歩かせたことはなかったのだけど、
新幹線乗る前にトイレさせたくて、地面に下ろしてみました。


2週間ぶりくらいに外を歩いたシャルはうれしくてうれしくて3本脚のまま駆けだしました((+_+))

でもすっごくうれしそうだし、ふらつくわけでもないし、いいか、と思って
その辺をちょっとウロウロ。

階段もこんな風に駆けあがりました(^_^;








すっかり3本脚が板についてしまったというか・・・
ふらついたりして痛々しかったのに、犬の順応性ってすごいなぁ。

5/13
もうかさぶたもほぼほぼとれてきたので
同窓会では自由に歩き回らせました。
すっごくうれしそうに駆け回るシャル。



DSC071861.jpg

ずーっとハイテンションでかけまわっていたので、さすがに後半はだっこ紐の中で
休ませましたが、もう心配いらなさそうです。


5/14
ドッグランでも元気に走り回りました。
asuntitled.jpg

足の裏をなめたりもしなくなり、かさぶたもすっかりきれいになおりました。
まだお薬が5日分ほど残ってますが、しっかり飲ませつつも
この日からは普通の生活に戻りました。



5/21
念のため診察にいきましたが、もう大丈夫ですとのお言葉。


今回のケガ、シャルにはかわいそうだったのですが
治療中もおうちでも本当におりこうで、今まで知らなかったシャルの忍耐強さに
触れることができました。

アクアもシャルも同じように大切な子なんだけど、
これがアクアだとさらに心配してしまう私がいます。

個々の性格の違いに加えて神経質な私の性格もあるんだけど、
とっても甘えん坊で、天真爛漫なのに怖がりで、僕が僕がのシャルなのに、
こういうときに私に必要以上の心配をかけずにいてくれるシャルには本当に感謝しています。

歯の手術の時うもそうでした。

たとえばおなかの調子が悪いときなんかも、
「ひ~ん・・・」って声をあげながらガニ股でトイレにかけこんでおなか痛そうにトイレするんだけど、
トイレからでてくるとしっぽぶんぶん振って私のところに戻ってきてくれます。


自分のときだけじゃなく、アクアが初めて体調を崩した時も、入院した時も、
シャルが私をなごませてくれ、本当に助けられました。


いつもいつもありがとねー。

現在の肉球の様子。
K0020028.jpg
まだ割れ目のあとはありますが、もうほぼ消えかかってます。

同窓会でもたくさんの方々にご心配、お声をかけていただき、本当にありがとうございました。
シャルともども御礼申し上げます。

DSC_1457.jpg












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。